アクアフィリング ➡ ロスデラインにつきまして(当院の見解)

当院のアクアフィリングの現状について

まず、はじめに当院ではアクアフィリングでしこりになる方や感染する方は非常に少ないです。殆どの方が満足していらっしゃいます。それは正しい施術方法にあります。
出血させたりすると硬くなりますし、乳腺下ではなく、大胸筋下や大胸筋膜下にジェルが入るとしこりになります。感染は本人様のアレルギーもありますが、乳腺内に注入されると起こりやすいです。もちろん乳管からの感染もありえます。
乱暴に乱雑に一か所に注入するとしこりになります。乳腺下に広い空間を作って注入することが肝心です。
いくつもの症例を経験し、正しい層に出血することなく優しい注入を心がけると万が一トラブルになっても5%未満で収まります。(どんな外科的手術でも合併症はあります。)

当院の注入の技術

方法について

通常は柔らかい小さめのしこりは、小さな穴から生理食塩水を入れてかき混ぜて塊を少し小さくして吸引除去しますが、固まったしこりはそれではとれません。
切開して取り除くとそこに大きな傷が残ります。脇の中の切開がいいように思いますが、この傷からはきれいに取り除くことは至難の業です。また、しこりの真上の切開ですと傷が目立ってしまいます。

1.繊細丁寧なアクアレイク

基本的に細かく乳腺下にきれいな空間を作って注入するのでジェルが一か所にとどまることなく、あたかもシリコンバッグが入っているかのように注入するので一つ一つのしこりになることがない、あるいはマッサージの必要がない。私はこれをアクアレイクと呼んでいます。あたかも湖にアクアが浮かんでいるように注入をする技術のことをいいます。繊細に丁寧にレイクを作るので出血の心配もありません。

2.術中確認法

術中はリラックス麻酔で痛みを感じることなく眠った状態で注入を行いますが、当院独自の麻酔方法で注入最終段階では麻酔から覚醒され座位にしてご本人様が確認できる術中確認法で施術を行います。もし、この時点でもう少しボリュームが欲しいと思われたら追加注入が即座に可能です。形・大きさを確認できますから結果に関してより安心です。

3.術後の痛みなし

当院オリジナルのブレンド剤と徹底した局所麻酔によって術中、術後の痛みはありません。遠方は北海道、沖縄から即日にお帰りになられます。

4.安心の交通費支給制度

県外の方で片方100cc以上注入の方には交通費の支給制度がありますが、それ以下の注入の方も注入の量に応じて割引制度を新たに設けました。

5.モニター制度も充実

お顔を出さずに、学会や院内資料、HPに掲載可能な方にはモニター制度がございます。



お問い合わせ

6.追加注入も安心プライス

他院でのロスでライン注入の方が当院で追加をされる方は、20cc=42,000円でのご提供です。
当院で注入を受けられた方は20cc=40,000円でのご提供です。

20cc = 40,000 円(税抜き:通常80,000円)
両胸で100ccの場合 200,000円(税抜き)

※当院は20cc単位での施術が可能です。
※自由診療のため公的保険は適用されません。
特典:県外からお越しになる方で、200cc以上の注入で全額支給します。
200ccより少ない方にも注入量に応じて支給いたします。メールでお問い合わせください。
※施術料⾦は変更することがございます。

7.アフターフォローも万全

術後の乳がん検診に関しましては、日本トップクラスの乳腺専門病院をご紹介し、診断からロスデラインのフォローアップを行います。ロスデラインの情報交換を行っていますので、信頼度ナンバーワンです。
乳腺専門病院にてエコー、マンモグラフィー、MRIをとり万全のフォローアップをいたします。

8.男性の方も大歓迎

豊尻術は下がったお尻をリフティングさせながら注入し、トップの位置を上方へ移動させボリュームアップします。


こんな方にオススメです


ロスデラインの特徴

ポイント1:簡単な施術

注射器で充填剤を注入するだけの簡単な施術で、当日から普段通りの生活が可能と負担がありません。また、シリコンバッグ挿入時に起こりやすい皮膜拘縮(バッグ周囲に固い膜が生じること)や炎症といったトラブルの心配がないことも人気を集める理由です。

ポイント2:高い安全性

ロスデラインは軟組織皮膚充填剤で、陽イオンコポリアミド(2%)と0.9%の生理的塩化ナトリウム溶液(98%)で作られています。欧州では10年前から使用されており、柔らかく自然なバストで人気があります。身体がゆっくりとゲルを吸収するため、ゲルの移動、炎症、断片化、浸潤もありません。

ポイント3:自然性

ロスデラインは主に水分で作られたゲルです。水分は人体の3分の2を構成している物質なので人体の大事な役割を担当しています。その構造のおかげで、ロスデラインは軟組織の自然性と柔軟性を提供し、感度を完璧に維持します。触っても輪郭変形はありません。

ポイント4:追加注入が可能

少しずつバストを大きくしたい方には少量からできる点がメリットです。ご自身の満足のいくように形を整えながら、追加注入が可能です。

ポイント5:持続期間が5年程度

水分と結合して薄い皮膜を形成。これが長期間持続の秘密です。ヒアルロン酸より施術価格は高いですが、持続力を考えると結果的にはコストパフォーマンスに優れます。

ポイント6:脂肪と乳腺の間くらいの触感です。とても自然です。

乳腺の下に入ったロスデラインは周囲の組織と引き合い密着度が強固です。すなわち、移動しないので良い形が保てます。ヒアルロン酸は親和性が低いので移動します。

ポイント7:しこりになりにくい

アヒアルロン酸は大量に注入するとしこりになったり被膜拘縮をおこします。また、吸収が半年と非常に早いです。ロスデラインは一つの反応(薄い皮膜形成)が終了し安定するのに1か月ほどかかります。その後は皮膜形成は起こらず、いつでも追加が可能です。通常片方50cc注入で1カップ、片方70ccで1.5カップ、片方100ccで2カップの増大効果があります。注入はカニューレといわれる筒状の器具を使って行います。きれいな形を作れるように何種類もの器具を開発して治療にあたります。


症例紹介

 

症例写真紹介ページを開く

厚生労働省による「医療広告ガイドライン」の更新に伴い、症例写真の一般公開が出来なくなりました。
症例写真・ビフォーアフター等をご難になりたい方は症例写真依頼フォームよりご依頼ください。
ログインパスワードがメールで届きましたら、ログインページのパスワード入力欄にパスワードを入力してログインしてください。


当院の施術の特徴・流れ

カウンセリング~施術(ご希望に合わせて3つの注入部位から選択可能)

まずはカウンセリングです。メールにてあるいはお電話にてご予約をお取りください。ご遠方の方の場合や近距離の方でもお気軽にメールにてお問い合わせいただけましたら、院長直々にロスデラインの説明をご返信にて行っています。さらにご必要な方には院長や専門の医師から直接お電話で詳細の説明を行っています。

カウンセリングと同時に施術可能です。当院ではロスデライン注入の際にできる小さな傷を患者様のご希望に合わせて3つの注入部位から選択できるようにしています。乳房下縁に沿って3パターンございます。これは患者様のTPOに応じてどの部分に小さな傷を了解されるかをお聞きして施術を行っています。傷は小さく2~2.5㎜です。

デザイン

これは患者様と医師の大切な情報交換です。最も大切にしなければならない時間です。
ご説明しながらより細かく繊細にデザインします。

麻酔

局所麻酔は完璧に効かせます。また術中は気持ちよくリラックスしていただくために当院オリジナルの静脈麻酔を行います。術中は痛みを感じず施術を受けることができます。また、施術の最後には、静脈麻酔を覚ましますので、十分に覚醒され施術の内容を確認できます。当院の麻酔は覚醒が非常に早く施術が終わりましたら直ちに痛みを感じることなく帰宅できます。

ダウンタイム


お問い合わせ

PAGE TOP